那由多の一次創作設定置き場。

「さあハンナちゃん!今日も私の胸元でもふもふしていいですよ!さあ!カマン!!」

プロフィール

ベルゼブブさん
年齢不詳
身長 1cm、170cm(人間体)((自称)ゆるキャラサイズになると130cm)

本作のギャグ枠。
魔界に住むテオの側近。上級悪魔。見た目も中身もハエそのまま。ドM。
…なのだがハンナが可愛くてたまらないらしく、(自称)ゆるキャラのベルゼブブさんと名乗っている。
ハエの姿のまま巨大化することがあり、「ゆるキャラモード」になると130cmほどの大きさになる。
テオの屋敷の掃除や洗濯等を手伝っている。しかしご飯作りはテオから「お前は汚いから作るな」と言われていて作ることができない。(作れたとしてもご飯は本当に生ゴミ)
側近のはずなのにテオによくハエたたきで潰されている。理由は「汚いから。」
ベルゼブブさん本人も不死の悪魔の為潰されても「何度でも蘇るさ」等、ギャグネタが多い。
また、自らハエ取り器にかかったり、ハエ取りゼリーを食べて「殺人的なうまさ」と言って死んだりする。ある意味馬鹿である。(しかし蘇る。)

しかしシリアスな場面になると人型になり、サタンの側近らしい行動をする。


ハンナが天界に拉致され、ハンナが死ぬことを予知したベルゼブブは、魂が抜けたようにぼんやりとするテオに殴りかかり、「愛する者をまた殺す気か」と一喝し、テオと共に天界の天使達と戦う。
ベルゼブブはユリーシアの存在も知っており、テオが自らの手でユリーシアを殺した事も知っている。その為、ハンナの前世がユリーシアだということも理解している模様。


  • イメージボイス:福山潤

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

各創作詳細

Mira・Apocalypse

生贄と魔王

あやかし幻獣物語

異世界移動少女

【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます